Tag: 調整

仕事がうまくいかない時の心の整え方

  誰にだって仕事がうまく行かない時があるものです。そんな時にどのように心を整えるのか。これの技術があるかどうかで、あなたの人生は大いに変わります。大げさだと思うかもしれませんが、これは人生を左右する大事な能力です。そこで今回は(アプリ開発や考案の際にも必ず直面することになる…)仕事のスランプ状態の対処法を考えてみましょう。   まずは「うまくいかない」の中身を見直す   ここから考えていきましょう。その「うまくいかない」状況とは何でしょうか?きっとあなたの心の中には何かしらの感情があるはずです。それとしっかりと向き合って、奥底にあるスランプのコアを見抜きましょう。大まかに「なんかうまく行っていない」と言うことは簡単ですが、多くの人がそのさきを考えようとしていません。むしろ、大事なのは、奥深くまで(多少、痛みを伴うことがありつつも)覗いてみることです。その糸口となるのが感情です。葛藤でしょうか?それともイライラでしょうか?不安でしょうか?これが何であるかで、中身の大部分を推し量ることができます。葛藤であれば、それは、つまり、望んでいる何かと現状との間にある開きが原因です。そんな時には、何が理想の状態で、何が現状なのかを把握するようにしましょう。例えば、目標を立てたにも関わらずその目標を達成できていないと葛藤を感じるかもしれません。これが積もり積もったり、時間との兼ね合いが生じてくると、多くの場合、葛藤は焦りへと繋がります。外部からの時間的プレッシャーがあると往往にして焦りが強くなります。   糸口を掴んだ先には何があるのか   感情から糸口を掴んだら、もう少し奥まで進んでみましょう。まずは問題を見極めることです。問題が何かわからない状態では、どんどんと泥沼にはまるように、何も思考できなくなってしまいます。脳は把握できない、コントロールできないことが好きではありません。そこで、現状は必ず把握できる、コントロールできるという発想を持ちましょう。例えば、目標を立てたにも関わらず、それに達することができていない…そんな状況を考えてみましょう。葛藤と焦りの両方が介在しているかもしれません。問題は、自分が目標を達成できていないことです。目標が達成できなかったことだけを見て罪悪感を抱くのはやめましょう。まずは、こんな時には自分を許すことから始めます。例えば、毎日、〇〇をする…そんな目標を立てた場合には、自分に「毎日コンスタントにこなせないことだってある」と言い聞かせましょう。もちろん、継続できるのが理想ですが…必ずしも毎日同じだけの力を発揮できるとは限りません。   人間には波がある…その事実を受け止める   そもそも人間のパフォーマンスには波があります。集中力や明快さ、活力や体力、効率性などなど、全てが変化し続けています。これを大前提に考えましょう。そもそも、人間が、毎日同じだけのパフォーマンスを何週間も何ヶ月も続けることなど最初から「お門違い」なのです。私たちは、そのような仕組みではありません。ロボットではないので、そのようなシステムを期待しすぎてはいけません。まずはこの点を受け入れて自分を許すことです。続いては、目標達成ができなかったことからの学びを考えましょう。   学びを得るために   失敗は成功の素。よくそんなことを言いますが、この言葉は本当に肝に命じておきたいところです。葛藤やイライラなどが怒ったら、チャンスだと捉えるようにしましょう。それのおかげで、あなたはもっと先に進めるのですから。むしろ、全てがスイスイいったら、一生何も成長できません。そんな人生悲しいですよね。目標達成ができなかったら、それは大事な学びのチャンス。どこを改善することができるのか、ゆっくり考えましょう。そしてすぐに目標を諦めずに、長いスパンでの目標の達成という視点を持ってください。例えば、1ヶ月40-50万を稼ぐことを目標にしたとしたら、毎日同じだけの金額を稼ごうとするよりは、最初から、波があることは想定しましょう。そのような意味で調子の出る日には出来るだけ多めに稼ぐようにするのがコツです。最初からギリギリな進み方をしていると、ちょっとでもパフォーマンスが低下した時に精神的な不安が大きくなってしまうものです。    

Continue reading