Tag: 信頼

アプリの宣伝はアプリの準備前からすべき…という話(続き:信頼を構築する)

  昨日の記事では「アプリの宣伝はアプリの準備前からすべき…という話」の前半をしました。その中で、集中すべきはニッチであり、需要が満たされていない場所だとご紹介しました。喉から手が出るほどに何かを欲している。そんな人に救済を。少し偉そうな言い方ですが、これをすることで感謝されること間違いなしです。感謝の先には、そう。アプリの勝利。ちゃんと愛されるアプリになります。アプリでもウェブサイトでもなんでも同じですが、独りよがりのものはどれだけ作っても、意味がありません。なんなら邪魔者扱いされるくらいです。   アプリの宣伝はアプリの準備前からすべき…という話   ここまでの復讐はこれくらいにしておきましょう。前回は、このようなことを言いました。引用します。   個人が確実に勝ちを掴むには、もはやこれくらいしかありません。では、どのようにそんな布石を敷きまくるのか。ここからが肝心です。方法は2つあります。まずは一番儲けものの一つ目。それはすでに需要が満たされていない市場を見つけること。いわゆるニッチです。   ちゃんと2つあるとお伝えしましたので、ご紹介します。2つ目は…自ら畑を耕してちゃんとした信頼関係を作ること。こちらの方が大変です。しかし、1つ目はラッキーな人が見つけられるだけなので、むしろ2つ目の方が一般的だと割り切ってください。普通、どの業界の人も商品をヒットさせる前に膨大な努力を積んでいるものです。消費者側にはわかりませんが、本当にこれがすごい。つまり、時間をかけてお客さん(潜在顧客と言います: potential customers)を接待し続けるのです。そして、将来的なプロダクトやアプリのローンチ時に、ババっと買ってもらう作戦です。   作戦と言いましたが、これは意外と下心満載ではうまく行かないものです。なぜなら、お客さんとの関係構築のためにボランティアに近いほど、時にはそれ以上の奉仕が必要になるからです。このような奉仕をしていると時にこのように思うことがあります。「あれ、今、自分は何をしているんだっけ?この人たちを喜ばすことが人生の生き甲斐になっていないかい」という具合です。これくらいまで頑張れれば理想的ですね。そのような献身の先には、必ず素晴らしい結果が待っていますので、落胆せず、諦めず。まずは、信頼を勝ち取ること。   では、どうやって信頼を勝ち取るのか。この文言では、なんとなくしっくりこないので、ここからはフレーズを「コミュニティの醸成」としましょうか。少し、カッコつけた言い方ですね。しかし、こっちの方がしっくりくるので、仕方がありません。あなただけのコミュニティを作ってください。あなたがそのコミュニティのトップです。これが重要なポイント。誰の目にも、あなたがその場所を管理する人であることを示しましょう。難しいことはありません。決して、偉そうにするのではなく、人を助けてください。例えば、あるニッチについて考えてみましょうか。そうですね…あえて奇抜な例を出しますと、セグウェイ用の服装でいかがでしょうか。サイクリングウェアがあるなら、セグウェイウェアがあってもいいじゃないか。言いづらいですが。   それを仮に売り出すとします(もはやアプリであるかどうかはここでは関係ありません)。これを売るために、まずはコミュニティを作る必要があります。対面でもいいですが、オンラインでも十分です。コミュニティづくりの典型例はFacebookグループやウェブサイトです。どちらも構築することをお勧めします。そして、セグウェイを利用している人に、そんな人たちが求める(これをしっかりと把握することが重要です)情報を提供しましょう。ウェブサイトは無料で情報を提供する素晴らしいツールです。記事が気に入ったらグループへの参加を促しましょう。これを続けていけば、必ずやコミュニティが拡大していきます。そして、参加者はあたなを一種の権威者、または第一人者とみなし始めます。不思議なものでコミュニティが多くなればなるほど、その成長率は増え、さらにあなたの権威も増します。これだけ高まってきたら、いい頃合いでしょう。アプリでも他の製品でも、なんでもナチュラルに売ることができます。みなさん、必ずやあなたのアイデアに賛同するはずです。   この手法にはざまざまな利点があります。コミュニティを構築すると、必然的にお客さんとインタラクションを取ることになります。そして、本当の需要やビジネスチャンスがどんどん見えてくるのです。素晴らしいと思いませんか?大企業はお客さん(消費者)知るために多額の資金を投じてアンケートやらなんやらを実施します。それに匹敵する、いや、それ以上の情報源が手に入るのです。

Continue reading

アプリの宣伝はアプリの準備前からすべき…という話

  宣伝は製品ができる前から。そんなことを言うと、笑われてしまいそうです。しかし、私は大真面目です。宣伝はできる限り早めにとりかかるのが吉です。より正確に言うならば宣伝の布石でしょうか。マーケティングの準備と言うこともできます。今日はそのあたりについてのお話をさせていただきたく思います。大企業が市場調査をしてアプリの収益性を考えるのもいいこと(というよりは必須)ですが、今回焦点を当てるのは個人による宣伝活動です。どれだけ賢く宣伝できるか、マーケティングを実行できるか。それを考えてみましょう。 知っている人に売り込むのが理想   どうか誤解はなさらないでください。決して、身内に商品を売りつけてノルマを達成しようと言っている訳ではありません。あなたにもそんな怖い経験があるでしょうか。しばらく会っていなかった友人から突然「久しぶりー!」と連絡があり、会ってみたら「でさ、すごくいい浄水器があるんだけどさ」とカタログを見せられる。そんなこともあったりなかったり。ええ、私にはあります。悲しいですよね、そして怖いですよね。なにせ、こっちは純粋に、数年来の友情をレンジでチンするかのごとく温めましょうかと思っている訳ですから。そしたら、セールストークか…。と落胆する訳です。同時に「この私を営業で落とせるとでも」と戦闘モードになる自分もいますが。   まあ、それは置いといて…そんなことはやめましょうという結論です。何をすべきかと言えば、すでにお客さんを確保して、そのお客さんと「それ以上の関係」を構築しておくのです。それ以上の…少し怪しげな響きですが。決して、そんなことを意味しているのではなく…むしろ、信頼関係が完全に構築されている状態です。この人が言うんだったら買おうかな…そんな状態。これを完全に作った上でアプリ開発に入るのが理想です。   「え??アプリをまだ作っていないのに、その前段階で完全なるファンを作れと言っているのかい?」と聞かれたら、私はただ「その通りです」と答えます。そうです。商品がない時点でファンを作るのです。特にお金のない(私のような)個人がアプリを乱発などできません。できれば確実に成功する見込みがあった上で、一本のアプリに勝負をかけたいのです。もちろん、実際にアプリ開発とそれの成功率(大ヒットするかどうかの割合)とのバランスは偏っていますが、個人は少ない資金で戦う必要があるのですから、仕方がありません。ワガママは言ってられないのです。「どうしても、そのアプリが欲しいんです。なんなら先にお金を払うんで」と言われる状態を作ってください。 どうやってアプリ懇願状態を作るのか   勝手にアプリ懇願状態と銘打ちましたが、そういうことです。どうしても欲しい。そう泣きつかれるくらいの環境を作りましょう。個人が確実に勝ちを掴むには、もはやこれくらいしかありません。では、どのようにそんな布石を敷きまくるのか。ここからが肝心です。方法は2つあります。まずは一番儲けものの一つ目。それはすでに需要が満たされていない市場を見つけること。いわゆるニッチです。ニッチという言葉を知らない方に簡単に説明しますと、競合が少ない市場です。大手企業が参入していない、または、力を入れていない場所となります。これは、往往にして、小さな市場です…。そう、大企業にとっては。個人が収益を上げるには十分な大きさです。なので、そんなニッチ市場に狙いを定めて、いまだに満たされていない需要があるのかどうかを探りましょう。   満たされない需要の探し方…。一見すると難しそうですが、意外と簡単です。ある場所を使ってください。そのニッチの人々が集まる場所です。そう、オンラインのフォーラムや掲示板、知恵袋的な場所。そんな場所には相談がわんさか掲載されています。相談だらけです。需要な宝箱でしょう。そして、その中から、特に質問が多いものを探しましょう。質問が大量に寄せられているのなら、それは、需要が爆発していることを意味します。同時に、それに対する答えがオンラインで簡単に見つからないからこそ、相談に頼っていることにもなります。チャンスです。さらに、答えが提供されていなければ、GOサインが出ることになります。その解決策となる何かを提供しましょう。それがアプリです。   もちろん、アプリにすぐに取り掛かるのもありですが、前述のように、あらかじめ仲良くして、完全なる信頼感を勝ち取っておくことをお勧めします。それの方が確実に販売のコンバージョンは上がるでしょう。しかし、例外もあります。明らかにライバルがこれの開発に取り組んでいることがわかっている場合には、アプリの開発をとにかく急いで、需要を満たす第一人者になることです。  

Continue reading