Tag: レビュー

情報の透明化する社会における実績やレビューの意味

  最近の記事では、個人が仕事でお金を稼ぐためのポイントを事細かにご紹介してきました。最初は時代の変化から初め、これからは個人レベルで仕事をするのが当たり前の時代であると論じ、そこから、個人が持つべき資質にまで話を進めました。昨日の記事でご紹介したのはブランディングの話です。インスタグラムや子供性質なども取り上げ、人間は、本来、その姿をよく見せようとするものであり、ブランディングを行うのは自然な流れであるという話でした。そして今回は、そのブランディングに関連した、レビューや実績の話です。前回の話をちょっとだけ振り返ってみましょう。クライアントから案件をもらうためには、信頼を獲得する必要があります。そして、信頼感を醸成するには、それに足るだけの確実な実績が必要だということです。ここまでの話となりました。これの続きが、透明性との関係です。   透明性が増す社会   透明性がどんどんと増していきます。これは避けようのない事実です。あなたがどのような仕事をしていて、どのような実績があって…このような情報はもちろん積極的に自分自身で発信するべきですが、それ以外にも、どんどん明らかになっていきます。是非ともその状況を味方につけましょう。例えば、過去はこんな感じでした。会社でうまく仕事をこなして、上司に褒められて、これだけ。またはよっぽどいい場合でも、取引先の人に「どうも」と言われておしまいです。これの意味がわかりますか?恐ろしい状況です。どれだけ頑張ってもそれがあなたの実績として認められないのです。例えば、上司や課長や部長の手柄になるのは当たり前。今の社会はそんな様相を呈しています。会社に勤めている人なら、嫌という程、この経験があることでしょう。そんな社会はもう過去の話です。これからは、実績が透明化します。   レビューサイトを通した透明化   透明化の一番の例がレビューサイトです。あらゆるウェブサイトで顧客による正直なレビュー制度が採用されています。これは完璧とは言えませんが、かなり優れたシステムです。レビューシステムのない社会など想像するのが難しいほどです。以前は、それこそ、信頼できるかわからないけど、とりあえず注文してみることもたくさんあったことでしょう。そして現代のレビューです。Amazonのカスタマーレビューが一番、身近な例でしょうか。このレビューシステムは何も商品だけでなく、サービスなどにも広く適用されています。企業のウェブサイトを見ても、本当にその会社が信頼できるのか、全くわかりません。「弊社は業界を代表する存在であり」などと言われても結局のところは「それは、あなたの自負にすぎないでしょ」となるわけです。そんなウェブサイトは、Amazonのようなレビューが反映されたシステムの前では、全く存在しないも同然です。結局は自慢であったり、自分のいいように切り取った解釈のオンパレードなのですから何なら見ないほうがマシです。是非ともこの点を頭の片隅に入れておいてください。今後、自分の商品やサービスを宣伝するためにウェブサイトを作ることになるかもしれません。そんな時には、必ず、自分が勝手に言っているだけ…と判断されないように工夫を凝らす必要があります。   レビューサイトは信用できるのか   これに派生して、レビューは本当に信頼できるのか、というテーマにも迫っておきましょう。必ずしもレビューが全て信頼できるとは言えません。もちろんサクラもあります。Amazonでさえ、平然とサクラのレビューが横行しているくらいです。これの取り締まりは簡単ではありません。まず、どれがサクラでどれが本物のレビューなのか境界線がはっきりしていないので、簡単に禁止措置も実行できないのです。このような意味で、まだまだ課題はありますが、レビューが全然存在しなかった(人に聞いたり、フォーラムで質問をしたりする必要があった)時代に比べると幾分いいものです。レビューサイトが信用できるか…と言えば、まだ、個別のレビューについて各自の判断力が試されます。明らかに変な日本語であったり(中国の業者が請け負っている)しないか、自分の目で確認する必要があります。   今回の記事を読んで頂いて「自分の見せ方」であったり「他者からの評価」の活用方法について少しでも意識を刺激することができれば幸いです。  

Continue reading