Tag: お金

投資と浪費を判断する(将来を見据えて「損を取る」ことの重要性)

  昨日は、こんな話をしました。   同じ1000円を稼ぐとしましょう。Aさんはお金を100万円持っています。Bさんは100円しか持っていません。どちらの人の方が簡単にこの1000円を稼ぐことができるでしょうか。そんな話です。詳しくは、別の記事をご覧ください。とにかく、一時的な快楽にお金を使ってしまうと、Bさんの状況から抜け出せなくなります。不思議なもので、人間は空間を埋めようとします。これは人間の心理です。例えば、衣装ケースを買ったら、その中の微妙なスペースを埋めようとして、新しい服を買ってしまうのです。結果的に、収納のために買ったはずのケースが服の氾濫を招いてしまうという寸法です。これはお金にも当てはまります。20万円稼いだら、その20万円を綺麗に使い、30万円稼いだら、その全てを同じように綺麗に使い切るのが人間です。   その続きが今回です。前回の記事でなんとなく「確かに一過性の消費ばかりしていては、ゼロサムゲームかもな」と実感していただけたでしょうか。今回は、もう少し先にまで話を進めます。どのようにして、投資のある毎日にできるのか。何をもって投資と呼ぶのか。   消費前に「投資」か「浪費」かに分ける   お金を使う前に「投資」なのか「浪費」なのか判断する習慣をつけてみてください。驚くほどに浪費が多いことがわかります。嗜好品と呼ばれるものは大抵浪費です。服、車、宝石、ブランドもの、高級な料理などなど。美味しいものでストレスを発散して…という言い分ももちろんわかります。記念日などに美味しい料理を食べるのはいいでしょう。しかし、それ以外は、本当に必要でしょうか?私は少々冷淡的な考え方ですが、食べ物など食べて消化して、すぐに体から出てしまいます。もちろん、添加物の少ないものを選ぶ、炭水化物を控える(集中力の話と絡めて前の記事で扱いました)などの工夫は重要です。しかし、ある程度まともな食事と、高級な食事との間の違いは私には、あまりわかりません。シェフがこだわって料理をしました…といっても、その分のメリットがあなたにあるのでしょうか?もちろん「いい料理を食べた」という満足感はあります。さらに「美味しかった」という「一時的な幸福感」もあります。しかし、投資としてのメリットは感じられません。むしろ、高価であり、浪費具合が一層強調されます。さらに同じ値段のものを食べるにしても、今、その5000円を使ってしまうよりも、投資して、結果として利潤として得られた5000円を使った方がいいとは思いませんか?我慢した方がありがたみも増しますし。   どう使えば、投資になるのか   投資の一番の例は、収益源の確保です。収益源を確保するための行為やプロセスにお金をどんどん使うべきです。これは今後、個人が単位となってお金を稼ぐ時代になってくるので、必須項目です。会社に皆が属さないので、自分の力で仕事を勝ち取る必要があります。これについては、他の記事でたっぷりと語っているので、そちらをご覧ください。例えば、芸術家であれば、自分の作品を売り込むために、営業担当のパートナーを雇うことができます。会社など作る必要はありません。簡単な契約書で結構です。成果報酬型にすることもできますし、電話やメールの送信ごとに固定の報酬を払うこともできます。ものすごい簡単な例をご紹介しましょう。あなたは陶芸家だとします。あるお皿は5000円で売れます。原価はこの際、一旦ゼロとしましょう。あくまでも考えやすさのためです。お皿を一個だけ売れば5000円の利益です。そんな時に、営業を雇おうかどうか考えます。現段階で売れるお皿の数は、あまり多くなく、1日平均1個です。すると一ヶ月で15万円ですね。決して多い稼ぎとは言えません。営業を雇うと、報酬として、1つのお皿ごとに2500円を払うことにします。あなたならどうしますか?   「利益が減る=損をする」と勘違いしてしまう怖さ   2500円がマイナスなので、1枚あたりの利益は半分になってしまいます。そこで「なんだ、利益率が下がるじゃないか、ふざけるな!」と思ったら、残念です。とっても残念なことです。もっと長期的に考えてください。投資の基本は未来を考えること。今日ではありません。今日を未来のために使うのです。実際、1枚あたりの利益率は下がります。しかし、私であればこれがもっと減ってでも営業は雇うべきです。そもそも、一人でも多くの顧客にアクセスできれば、今後のさらなる売り上げの可能性が掴めます。大事なのは、この場合、連続して購入してくれるロイヤルカスタマーを確保することです。利益をゼロにしてでも、むしろこの案件は成立されるべきでしょう。特に、現段階での売り上げが十分でない場合はなおさらです。成功する人には往往にしてこの未来を考える意識が備わっています。「未来の成功を想像して」今、微笑みながら、「損を取る」ことができることが、大きな強みです。  

Continue reading

個人で稼ぐために徹底的に考えたい時間の使い方(タクシーを例に)

  私は小さい頃、タクシーを使うことに憧れがありました。いや、憧れといっても、完全に普段使わないものへの興味でしかなく…それが決してかっこいいものだとか思っていた訳ではありません。そんなタクシーへの想いは少しづつ変わっていきます。中学生、高校生、さらに大学生となり…「なんだ、お金の無駄じゃないか」と嫌悪感すら抱く訳です。社会人になったらなおさらです。お昼ご飯をできる限り節約しながら、タクシーを使うことに吐き気すら感じる。そんな節約野郎でした。そんな私の考えは、ある時を界に変わりました。その瞬間とは…時間の重要性を実感した時です。そして、時間が生み出すことのできるパワーを真に感じた時です。時間を制するものは人生を制する。そう言い切ることすらできるでしょう。   時間を無駄にするのは犯罪行為だとすら思う訳です。そこで今回は、個人がお金と絡めてどう時間を捉えていくべきか…そんな話をしたいと思います。時は金なりと言いますが、時は金以上なりでしょう。実際のところ、私はそう思う訳です。さあ、ここで、先ほどのタクシーの話に立ち返りましょう。タクシーは有用です。今の私はそう思います。ここで質問です。あなたの最寄駅から家までの帰り道、200円のバスに乗るか、1500円のタクシーに乗るか、どちらを選ぶでしょうか?200円と1500円の差はかなりのものですね。200円で乗れるタクシーのバス停には人がずらり。隣のバス停にまで重なる勢いです。しかも、次のバスが車で15分。15分という絶妙に…ちょっと長めな時間帯。さらに、バスに乗ると家まで帰るのに30分かかります。タクシーだとその時間は15分です。どちらを選ぶでしょうか?   上記の質問に対して、あなたならどのような考え方をするでしょうか。200円と1500円か。1300円のお得だからバスに決まっておろう!!と叫ぶでしょうか。もちろん、お金だけを純粋に比べれば、1300円の違いがあり、もちろん、その意味では、私もバスの圧倒的勝利だと思います。しかし、それだけが比較の時に使う尺度でしょうか?現実世界はあらゆる軸で構成されています。お金、時間、幸福感、快適さ、ストレスなどなど、ありとあらゆるものです。その中のお金だけを切り取って考えるのが果たしてスマートなのでしょうか?どうしてもお金を第一の軸として考えたいと言うのならわかりました。こう考えましょう。私にも言いたいことがあります。お金で考えても…タクシーの方がお得。そう思うのは私だけでしょうか?バスに乗るときに支払うお金は200円です。タクシーから降りる時に払うお金は1500円です。それでも、私はタクシーの方がお得だならと思う訳です。では、こう考えてみましょう。バスに乗るとすると、最寄駅から家に到着するまでの時間はどれくらいでしょうか?待ち時間が15分で、移動時間が30分なので45分です。逆にタクシーはすぐ乗れて移動時間15分なので15分です。これだけで30分得したことになります。バスの中はぎゅうぎゅうに混んでいて、まともに本を読むこともスマートフォンを使うこともできません。45分は空白の時間となるわけです。少なくとも私はそう呼びます。逆にタクシーに乗れば、15分がそもそも快適に過ごせます。パソコンをバックパックから取り出して仕事をすることもできます。さらに、純粋に30分早く家につくことになり、家で何かしらの作業に集中できる30分が生まれます。作業できる時間を比べてみましょう。バスであれば、45分全てが作業できない時間です。バスでの待ち時間も立ったままですし、せいぜいスマホでメールに簡単な返事を書く程度でしょう。これに対してタクシーは45分のプラスです。この45分の作業の時間の価値がわかります?とっても重要です。   45分がどれだけ重要であるか…どのように測定しましょうか。便利なのは時給換算です。前回の記事でもお話しした通りですが、絶対に、時給換算した自分のパフォーマンスは知っておくべきだと思います。色々と便利です。特に個人で働く場合には、必須中の必須です。これがわかっていると、あらゆる計算が素早くこなせます。例えば、この場合は45分の作業時間が生まれました。もし時給が2000円の人がいたら、その人は45分では1500円を生み出せる計算になるので、トントンです。トントンであれば、タクシーに乗るのがむしろプラスと、私は思います。快適さが明らかに違いますからね。しかも、多く仕事をこなせているということは、今後の仕事の可能性(継続的な依頼)にも繋がっているということになります。  

Continue reading

会社勤めが知っておきたい時間を徹底考慮した「個人ベース」のお金の計算

  個人で仕事をすると、どうしても、お金の計算方法にシビアになるものです。例えば、こんな例がわかりやすいのではないでしょうか。会社に勤めていると、お金の計算は最小でも一ヶ月単位です(もちろん、レシートや領収書を費用にできるかどうかという細かな話はありますが…)。これの一方で、個人で仕事をしていると、全ての費用や稼ぎがダイレクトで自分の生活に反映されます。火曜日にどれだけ働いて、水曜日に何の仕事に着手して…そんな一つ一つの行為が全て、良くも悪くも自分に密着しています。これにはいい面も悪い面もあり…私は個人的には大好きです。というのも、これの方が、自分の責任が試されるからです。もちろん、これが嫌だという人もいるでしょう。「自分の実力を試したい」「アメリカンドリーム的な発想が好きだ」「ど根性で努力するのが特異である…(体育会系?)」という人には、きっと気に入ってもらえると思います。逆に「とりあえず楽して毎日過ごせればいい」という片には大変でしょう。少々脱線しましたが、本題は、個人で仕事をすることの責任感です。   お金と時間の関係性が怖いくらいにわかる   会社で仕事をしていると、「どの仕事に対して、どれだけの報酬をもらったのか」が曖昧になってきます。それもそのはず、一ヶ月単位でお金をもらうので、その内訳はわかりません。非常にブラックボックスです。もちろん、何に対していくらというポイント制のような企業体制では、それに膨大な手間がかかり、非効率かもしれません…。(ただ、やってみる価値はあるかもしれませんね。完全なる報酬型のスタイルです)一方で、個人として仕事をすると、怖いくらいにお金と時間と労働の関係性がわかります。例えば、1時間アプリ開発の打ち合わせをして…ゼロ円…などなど。打ち合わせは、その後の稼ぎのための投資と考えれば全くのゼロ円ではなく希望のこもったゼロ円ですが、このように、はっきりと現実に直面できるのです。何となく日々を過ごしたい人にとってはストレスだらけかもしれません。しかし、このような生き方に溶け込むのが必須である時代はもう目の前まで迫っているので、是非とも、これに順応できる準備はしておくことをお勧めします。   会社勤めは意外とアルバイト並みの時給?   準備をすることをお勧めします…そんなことを言いましたは、一体どうすれば?お勧めの方法があります。それが、時給計算です。一つ、誤解を防ぐために忠告はしておきますが、仕事=時間の切り売りではありません。全く違います。決してそうはならないでください。しかしながら、今の自分のパフォーマンスを直視するには時給計算はとっても便利です。考えてみてください。例えば1日(サービス残業という恐ろしいシステムの中で)8時間労働を20日とします。手取りの給料が25万円だとしたら、時給はいくらになるでしょうか?1562円です。どうですか?アルバイトよりもちょっと高めという印象でしょうか?ここでのポイントは何かというと、今の自分のパフォーマンスの理解です。もしこの時給1562円という値段に満足できないのならば、他の選択肢を積極的に探しにいくことをお勧めします。   実は正しくお金が計算できていない   ここからもっと刺激的な内容をビシバシ飛ばしていきたいと思います。実は、上の話は不正解です。間違いです。どこが間違っていたと思いますか?それは、実働時間の計算です。人間は物事を単純化したがる生き物です。もちろんそれの方が全てが簡単になって脳みそも楽ができて…ということですが、事実は正確に把握することをお勧めします。上の例では、時給は本当はもっと低くなります。なぜだと思いますか?いや、高くなる可能性もあります。「給料の発生していない時間」を忘れてはなりません。例えば通勤です。毎日行き帰りで1時間以上でしょうか。それが1ヶ月なら20時間です。これに給料は発生していない計算です。その場合、20時間無給でボランティアをしていることになります。私ならむしろ、そうするよりも、給料の計算に入れてしまう方が正しいと思います。なぜなら、その仕事をすることの絶対条件が通勤なのですから、切り離して考えるべきではありません(リモートワークで対応できる選択肢があるなら、それを考慮することになります)。これを先ほどの計算に入れると1388円になります。どうでしょうか?ここまでしっかりと考えることを意識してください。ここまで考えると社会人であろうとアルバイトであろうと基本給はそこまで変わらないことがわかります。間にある決定的な差は「どれだけ長く働くことが許されているか」に他なりません。    

Continue reading