会社勤めが知っておきたい時間を徹底考慮した「個人ベース」のお金の計算

 

個人で仕事をすると、どうしても、お金の計算方法にシビアになるものです。例えば、こんな例がわかりやすいのではないでしょうか。会社に勤めていると、お金の計算は最小でも一ヶ月単位です(もちろん、レシートや領収書を費用にできるかどうかという細かな話はありますが…)。これの一方で、個人で仕事をしていると、全ての費用や稼ぎがダイレクトで自分の生活に反映されます。火曜日にどれだけ働いて、水曜日に何の仕事に着手して…そんな一つ一つの行為が全て、良くも悪くも自分に密着しています。これにはいい面も悪い面もあり…私は個人的には大好きです。というのも、これの方が、自分の責任が試されるからです。もちろん、これが嫌だという人もいるでしょう。「自分の実力を試したい」「アメリカンドリーム的な発想が好きだ」「ど根性で努力するのが特異である…(体育会系?)」という人には、きっと気に入ってもらえると思います。逆に「とりあえず楽して毎日過ごせればいい」という片には大変でしょう。少々脱線しましたが、本題は、個人で仕事をすることの責任感です。

 

お金と時間の関係性が怖いくらいにわかる

 

会社で仕事をしていると、「どの仕事に対して、どれだけの報酬をもらったのか」が曖昧になってきます。それもそのはず、一ヶ月単位でお金をもらうので、その内訳はわかりません。非常にブラックボックスです。もちろん、何に対していくらというポイント制のような企業体制では、それに膨大な手間がかかり、非効率かもしれません…。(ただ、やってみる価値はあるかもしれませんね。完全なる報酬型のスタイルです)一方で、個人として仕事をすると、怖いくらいにお金と時間と労働の関係性がわかります。例えば、1時間アプリ開発の打ち合わせをして…ゼロ円…などなど。打ち合わせは、その後の稼ぎのための投資と考えれば全くのゼロ円ではなく希望のこもったゼロ円ですが、このように、はっきりと現実に直面できるのです。何となく日々を過ごしたい人にとってはストレスだらけかもしれません。しかし、このような生き方に溶け込むのが必須である時代はもう目の前まで迫っているので、是非とも、これに順応できる準備はしておくことをお勧めします。

 

会社勤めは意外とアルバイト並みの時給?

 

準備をすることをお勧めします…そんなことを言いましたは、一体どうすれば?お勧めの方法があります。それが、時給計算です。一つ、誤解を防ぐために忠告はしておきますが、仕事=時間の切り売りではありません。全く違います。決してそうはならないでください。しかしながら、今の自分のパフォーマンスを直視するには時給計算はとっても便利です。考えてみてください。例えば1日(サービス残業という恐ろしいシステムの中で)8時間労働を20日とします。手取りの給料が25万円だとしたら、時給はいくらになるでしょうか?1562円です。どうですか?アルバイトよりもちょっと高めという印象でしょうか?ここでのポイントは何かというと、今の自分のパフォーマンスの理解です。もしこの時給1562円という値段に満足できないのならば、他の選択肢を積極的に探しにいくことをお勧めします。

 

実は正しくお金が計算できていない

 

ここからもっと刺激的な内容をビシバシ飛ばしていきたいと思います。実は、上の話は不正解です。間違いです。どこが間違っていたと思いますか?それは、実働時間の計算です。人間は物事を単純化したがる生き物です。もちろんそれの方が全てが簡単になって脳みそも楽ができて…ということですが、事実は正確に把握することをお勧めします。上の例では、時給は本当はもっと低くなります。なぜだと思いますか?いや、高くなる可能性もあります。「給料の発生していない時間」を忘れてはなりません。例えば通勤です。毎日行き帰りで1時間以上でしょうか。それが1ヶ月なら20時間です。これに給料は発生していない計算です。その場合、20時間無給でボランティアをしていることになります。私ならむしろ、そうするよりも、給料の計算に入れてしまう方が正しいと思います。なぜなら、その仕事をすることの絶対条件が通勤なのですから、切り離して考えるべきではありません(リモートワークで対応できる選択肢があるなら、それを考慮することになります)。これを先ほどの計算に入れると1388円になります。どうでしょうか?ここまでしっかりと考えることを意識してください。ここまで考えると社会人であろうとアルバイトであろうと基本給はそこまで変わらないことがわかります。間にある決定的な差は「どれだけ長く働くことが許されているか」に他なりません。