生産性を上げる超オススメのアプリ(iPhoneとMac)

 

頻繁に「何かいいアプリはないかな」とAppStoreを散策する…そんな経験は?私にとっては意外なのですが、これをする人は少ないそうです。そうです。積極的に、または日常的にAppStoreを開き、アプリ探すをする人は…意外と少ないのですね。どうでしょうか?これを意外だと感じるでしょうか?そう感じれば、あなたは少数派です。まあそうでしょう、と思ったあなた。多数派です。

 

何が言いたいかというと…アプリは便利。簡単な言葉に集約しました。本当に声を大にして言いたいのです。アプリはどんどん活用すべきだと。きっと「もう活用してますけど」と反発をくらいそうですが、私は負けません。いや、むしろ協力して素敵な答えを見つけようじゃありませんか。話が脱線してきたので戻しますと…アプリ探しは常に続けていくべきなのです。そんな訳で、私が日々愛用している生産性を上げてくれるアプリをご紹介します。

Feedly

 

まずは大人気アプリFeedlyです。まだ使っていないというあなたはぜひ。活用しないのは正直勿体無いレベルです。まだ知らない人のために簡単に紹介すると…これは、RSSフィード系アプリです。気に入ったウェブサイトを購読して、新しい記事をサクサクと斜め読みすることができます。忙しい人には欠かせないアプリ。なにせ、各ウェブサイトを移動する時間が節約できますし、気になる記事に出くわしたら後から読むために保存することもできます。さらに、無駄に時間を浪費することもありません。というのも、ブラウザで適当にウェブサイトを徘徊していると…「あれ?今何の時間だっけ?」となることがあります。Feedlyを使って、記事を読む時間を決めてしまうのがオススメです。

 

IFTTT

 

何それ?アメリカの何かしらの団体ですか?…そんな気持ちになりますね。私も最初はそうでした。しかし今では「あ、あの欠かせないアプリね」です。IFTTTはトリガー系のアプリで、自分の好みの動作をカスタマイズすることができます。例えば、メールを受け取った時に添付ファイルがあれば自動でそれをGoogle Driveに保存することができます。これはとっても便利です。例えば、Gメールでは、添付ファイルがスレッドの一番下に表示されます。

 

後から添付ファイルを探そうとすると、下にずーーーっと移動する必要があります。かなり面倒です。しかし、上記の機能を使えば、Google Driveからすぐにアクセスすることができます。これはあくまでも一例です。IFTTTにはたくさんの機能があります。むしろ無限とでも言いましょうか。

 

Gメール、Evernote、Google Drive、Instagram、Facebook…数え上げればキリがありませんが、あらゆるサービスを連携して便利なルールを作ることができます。どこにいてもワンクリックでGoogleの地図で自分の家までの経路を検索することもできます。必ずあなたの役に立つ何かしらの機能があるはずです。チェックしてみてください。もちろん自分で作る必要はありません。色々なユーザーや企業などによって、面白い組み合わせが開発されています。個人的にオススメなのはGoogleカレンダーに一瞬で予定を入力できるものです。会話の最中で「じゃあ、〇〇日にしましょう」などと急に予定が決まるものですが、意外と、カレンダーにそれを入力するタイミングを逃してしまうと、忘れてしまうものです。だからこそ、できるだけ簡単にカレンダーに予定を入力できる仕組みは重要ですね。

Toggl

 

普通英語でToggleというと切り替えボタンなどを意味します。ほぼスイッチと同義です。このアプリの機能は時間のトラッキングです。つまり、何時から何時まで何をしていたのか、完全に把握できるようになるのです。しかも使い方は簡単。スイッチを押して、その業務なり仕事なりが終わったら停止を押す。これだけ、さらに、それぞれの時間について何を行ったのかを[プロジェクト]を通して選ぶことができます。あらかじめ、自分が行うことを登録しておけば簡単です。例えば、ジムでの運動でも、ピアノの習い事でも、何でも構いません。後からグラフで、自分の時間を確認できます。後から振り返ってみると意外なものに時間を使っていたり、意外なところで時間を無駄にしていたり、気づくものです。MacからでもiPhoneからでも利用できます。フリーランスで仕事をしていたり、個人事業をしている人には特に便利だと思います。